この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

税理士とはどんな仕事なのか

どんな点がメリットなのか

起業するときに税理士を雇う利点とは何なのでしょうか。
最近では、開業を代行する業者などもあります。
これらと税理士の違いをまずはっきりさせましょう。
開業代行業者は、起業するにあたって起こりうる面倒な作業をやってくれる業者のことです。
しかし、税理士はこれとは全く違います。
税理士は、起業するときの銀行の融資をどうするべきか、また起業後のサポートなども行ってくれます。
代行業者は起業したらそれで終わりですが、税理士はその後も長く続くのです。
また、起業が初めての方は、銀行での融資など分からないことずくめの中で、しっかりアドバイスしてくれるのです。
事業内容から予想できる状況などもふまえてアドバイスしてくれるので、メリットはたくさんあるのです。

他にもいろいろ

他にも、起業する際に税理士さんを雇う利点があります。
先ほど、融資を受ける際にとても助かるとお伝えしましたが、国などに補助金を申請する場合も、税理士さんはノウハウをたくさん持っていますので、相談してみる価値はあります。
起業時には多くの不安があります。
お金や、今後の状況・・・
きちんとした税理士事務所であれば、初回の相談のときに、「今から起業する上で税理士が必要かどうか」を教えてくれます。
売り上げがかなり見込めるなど、諸所の理由で税理士が必要が無い場合もあるので、まずはやはり税理士事務所に相談してみましょう。
次からは、税理士事務所の探し方について詳しくご紹介していきますので、参考にしてみてくださいね。


TOPへ