会社設立の上での税理士に相談するべきメリットをお伝えするサイト

会社設立を税理士に相談すると良い理由

税理士とはどんな仕事なのか

「起業する時に、税理士に相談すると良いって、聞いたことがあるけれど、本当?」 本当といえば本当です。 では、いったいどんなメリットがあるのかが気になってきますよね。 ここでは、会社設立時に税理士を雇うとなぜ良いのかについて、詳しく解説していきます!

甘い話ばかりではない!ここに注意

さて、ここまで会社設立時に税理士を雇うとなぜ良いのかについて説明していきました。 「ぜひ検討してみたい!」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、甘い話ばかりでもないのです。 リスクがあるかもしれないということを頭の中に入れていただくために、ご説明していきます。

すでに起業していたらどうするのか

「会社設立時って、もう会社を設立しているから、税理士は意味が無い?」 そんなに不安に思わないでください! すでに起業している方でも、十分メリットを受けられることがあります。 今からでも遅くない! どんなメリットがあるのかについて、しっかり説明していきます!

税理士を起業時に依頼するメリットとは?

税理士って、いったいどんな仕事をしている方かご存知でしょうか。
意外と、「聞いたことはあるけれど、仕事の内容は知らないなあ」という方が多いのではないでしょうか。
特に、税理士と会計士を混乱していることが多くあるようです、
税理士とは、「税」という名が入っている通り、税金に関する業務をおこなうことが多いです。
例えば、節税。
知らない間に払わなくても良いはずの税を払い続けてしまっている、ということは往々にしてあるようです。
個人経営のお店などで、よく起こることですので、確認してみてくださいね。
また、税に関する法律は数年で変更されることが多く、「大丈夫!」と思っていたことがしてはいけないことになってしまっていたりします。
税に関する相談を受けるのが税理士です。
普段の会計処理の相談から、税に関する法律を上手く生かしてより設けることができるようにアドバイスなどもしています。
今回、このサイトでは、起業のときに頼ると良い税理士について詳しく解説していきますよ。

会計士は、税理士よりも大きな企業に着くことが多いです。
税理士との仕事の違いは、さまざまありますが、やはり「税」との違いが見て取れます。
会計士は、その会社が会計で不正などをしていないかを見張っているのです。
それだけが業務ではありませんが、税理士との違いはこのような点に現れています。
では、これから「税理士」を起業時に雇うとなぜ良いのかについて、しっかりお伝えします!

TOPへ